痛みはほとんどありません

レーザー脱毛は、エステサロンで行われている光脱毛よりも効果があると言われていますが、高い出力で施術するため、痛みがネックになって施術を迷ってしまう人も少なくありません。基本的に高出力で行われるレーザー脱毛は、毛の再生組織をレーザーによって破壊するため、医療行為とされているため、医療機関でしか受けることができません。 毛の再生組織を破壊するので、光脱毛に比べて施術時の痛みが強いと言われていますが、近年では光脱毛のように痛みのないレーザー脱毛も登場しています。 レーザーには種類があり、照射に適している肌質や毛質、レーザー光の波長などに違いがあります。現在、医療機関で一般的に導入されているのは、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーです。この二つのレーザーは波長や照射方法、肌質や毛質などが違いがあり、特にダイオードレーザーは産毛などの色素が薄く細い毛の脱毛に適していて、痛みもほとんどないという特徴があります。 また、レーザーによる脱毛施術で痛みが心配、痛みに敏感、という方は、医療機関で施術前に麻酔を使用することができるので、麻酔を使用してから施術を受ければ痛みはほぼ感じず快適に脱毛することができます。

関連サイト紹介

レーザー脱毛ウォーカー